お待たせいたしました!

AAOO Public Space

三角コーナーにようやくアップです!!

2014 4月 共有スペース 三角コーナーにて 

第一回目のエクササイズから、気がつけばもう一年以上経っております。ミサワクラスに移り住んだ当時、現MOLE GALLERYの大槌さんと話しながら、何かしたいとずっと思って試しにやってみたのが、上の写真の展示です。

日々の生活で損ない続ける何か。小さく穏やかな生活に同居する退屈。それは現在も続いている。それは現在も続いているのだけれど、どうにかやっている。僕が同じ家に住む二人にギャラリーを作りたいんだという話をした時から、今回の3店舗同時オープンは始まっているような気がする。退屈に勝る動機は少ない。日々の生活の中で、いろいろな事柄が自分から離れていくように感じることもあって、もしかしたら僕は僕自身の望みを食いつぶしているのだと思うことがある。適度な運動、適度な退屈、適度な暮らし、何が僕を損なわせているのかは不明で自分の怠惰以上に何かあるような気がするのだけれど、そういうものと寄り添うことがこの暮らしのリアリティなのかもしれないと考える。物事はすごく単純で、僕たちはぼくたちがこの暮らしと社会の中で作り出す何ものかに自分で決めた意味と価値を表現することからあらゆることが始まっている。


2015 5月の展示より

AAOO Public Space の独白

レビュー|REVIEW

コメント|comments

コメントを書く

コメントをどうぞ

page top

三角コーナー

ようこそ三角コーナーへ

山形R不動産リミテッドの手によって生まれ変わった、シェアアパートメントミサワクラス。日々、様々な考えが飛び交うミサワクラスのキッチンに白い三角が突如あらわれた。三角コーナーはRコモンズの「住人たちによる、住人たちのため」のミニギャラリー。キッチンの片隅で定期的に行われる展覧会は、ふたつのシェアアパートの住人たちが「作者」になり「観客」に変化する。それぞれが目指す表現方法を語り合い呼応しあいます。

キッチンの片隅にある三角コーナー

Artists