PLAY:ダイアリー|DIARY

展覧会のお知らせ。『山形藝術界隈展〇二』。



【開催概要】

会場:白鷹町文化交流センターあゆーむ

会期:2017年3月1日(水)→3月20日(月・祝) 9:00─17:00

入場料:一般200円/高校生以下無料

※同時開催:そば猪口アート公募展



【関連イベント/大槌秀樹によるパフォーマンス『市民の言葉を語る』】

開催日:3月1日(水), 4日(土), 5日(日), 11日(土), 12日(日), 18日(土)

時間:各日とも11:00─17:00 場所:白鷹町文化センターギャラリー内

※申込み不要。ただし当日の観覧券が必要。

来場者の皆様の言葉を、大槌秀樹が演説代行して展示会場内《展望場》にて、拡声

器を使い語ります。普段なかなか言えない事や、ここにいない誰かに伝えたい事、告

白や思いで話など。できる限り本文通り代行して語りたいと思います。



【関連イベント/ライブ&ラジオ収録】

開催日時:3月19日(日) 13:30─ 場所:白鷹町文化センターギャラリー内

※申込み不要。ただし当日の観覧券が必要。

〈タイムテーブル〉

●13:30─「 藝術界隈ラジオ ひさまつ子の美術の部屋」 公開収録

出演:白丸たくト、大槌秀樹、久松知子、後藤拓朗

●15:00─ 白丸たくト企画ライブ「ZeNTeNGiG vol.1」

出演:白丸たくト、登坂尚高、千葉昂平

〈ゲストプロフィール〉

●登坂尚高:1987年生まれ、山形出身。zombie foreverよりカセット『ネオン』リリー

ス。実家のお寺で「寺フェス」主催。暮らしと生活を軸に、歌心ある六畳フォークを目

指す。彼女募集中。どうしたら出来るんですか?

●千葉昂平:宮城県出身。跡地、西比利屋でギターを担当。ノイズやパフォーマンス

をやる最中ひっそりと弾き語りでのソロ活動を開始。

〈3月19日イベント来場者プレゼント〉

当日発行予定の「山形藝術界隈新聞」第2号を配布!「山形藝術界隈新聞」とは、市民

による藝術活動とその周辺の生活などについて記載された不定期刊行の新聞です。

【参加作家】

【白丸たくト/しろまる・たくと】

1992年兵庫県生まれ。2014年2月、1stカセットアルバム「F.O.U!」を自主レーベル

“TRIP CHILDS RECORDINGS”からリリースすると共に活動開始。現在までにカ

セットテープ3本、CDR1枚をリリース。2016年より拠点を関西から山形に移し、現在

は山形市中心市街地にあるシェアアパート「ミサワクラス」の自室にてオルタナティブ

スペース“TRIP CHILDS LIVINGROOM”を運営中。ミロコマチコ展示「あっちの

目、こっちの目」会場音楽担当(山形ビエンナーレ2016/文翔館議場ホール)。



【大槌秀樹/おおづち・ひでき】

1981年千葉県生まれ。東北芸術工科大学大学院実験芸術領域修了。オルタナティ

ブ・シェアアパート「ミサワクラス」で、同世代のアーティスト・写真家・音楽家・建築士

等と共同生活。身体と物質・空間とのある行為から生まれる事象の記録を、映像や

写真、パフォーマンス等で表現している。現在は空洞化した街の廃墟や駐車場、空

白となった場を舞台に、その場に残る記憶や事実をもとに同居人とパフォーマンスを

実行。又、他者の言葉を代行して語る、《演説代行》を実践・記録する作品制作をし

ている。



【久松知子/ひさまつ・ともこ】

1991年三重県生まれ。現在、東北芸術工科大学日本画領域の大学院生。2015年

《レペゼン日本の美術》で第18回岡本太郎現代芸術賞岡本敏子賞受賞。主なグ

ループ展に「みちのおくの芸術祭山形ビエンナーレ2016」(文翔館、2016)、「東北画

は可能か?―地方之国構想博物館―」(東京都美術館、2015)ほか。



【後藤拓朗/ごとう・たくろう】

1982年山形市生まれ。東北芸術工科大学洋画コースを卒業後、美術非常勤講師と

して勤務する傍ら、山形県白鷹町のアトリエにて作品を制作。オープンアトリエを中

心に発表活動を行う。マスメディアやインターネットを通じて得られる情報と身辺の生

活風景との結びつきを探り郷土画として表現した油彩作品などを制作している。



and more!!!!→※陶芸家・根本裕子 参加決定!!

【3月19日限定 予約制シャトルバス運行予定】

〈往路〉

11:45 山形駅西口霞城セントラル前発

12:00 東北芸術工科大学前発

12:50頃 白鷹町文化交流センター着

※3月15日(水)までに0238-85-0771(白鷹町文化交流センター)まで、お名前・

人数・ご連絡先・希望の乗場をお伝えの上ご予約ください。規定人数10人に満た

ない場合運航できない場合もありますので、ご了承ください。定員に達し次第締め

切ります。



【会場へのアクセス・お問い合わせ先】

白鷹町文化交流センターAYu:M(あゆーむ)

〒992-0771 山形県西置賜郡白鷹町大字鮎貝7331番地

お車でお越しの場合/山形市より国道348号線で約35分

電車でお越しの場合/赤湯駅より山形鉄道フラワー長井線

[荒砥行き]で「四季の郷駅」下車(赤湯駅から約50分)徒歩約4分

Tel:0238-85-9071 web:www.ayu-m.jp

Facebook:www.facebook.com/白鷹町文化交流センターあゆーむ-599128166776692/

〈復路〉

17:00 白鷹町文化交流センター発

18:00頃 東北芸術工科大学前着

18:15頃 山形駅西口霞城セントラル前着

展覧会のお知らせ。 『山形藝術界隈展〇一』



毎年恒例の展覧会の告知です!!

今年は、『山形藝術界隈展』と命名し記念すべき第一回展です。

さらなる藝術実験を模索して行きます!!

【開催概要】

会場:ミサワクラス(山形県山形市本町1丁目7番24号)

会期:2017年2月7日(火)→2月12日(日) 13:00─18:00

※入場無料。イベント開催日は延長して開場いたします。

※お問い合わせ先:yamagata.geijyutsu.kaiwai@gmail.com

【参加作家】

白丸たくト/しろまる・たくと

音楽家。1992年生まれ。2014年2月、1stカセットアルバム「F.O.U!」を自主レーベル”TRIP CHILDS RECORDINGS”からリリースすると共に活動開始。現在までにカセットテープ3本、CDR1枚をリリース。2016年より拠点を関西から山形に移し、現在は山形市中心市街地にあるシェアアパート「ミサワクラス」の自室にてオルタナティブスペース“TRIP CHILDS LIVINGROOM”を運営中。ミロコマチコ展示「あっちの目、こっちの目」会場音楽担当(山形ビエンナーレ2016/文翔館議場ホール)

大槌秀樹/おおづち・ひでき

1981年千葉県生まれ。東北芸術工科大学大学院実験芸術領域修了。オルタナティブ・シェアアパート「ミサワクラス」で、同世代のアーティスト・写真家・音楽家・建築士等と共同生活。身体と物質・空間とのある行為から生まれる事象の記録を、映像や写真、パフォーマンス等で表現している。現在は空洞化した街の廃墟や駐車場、空白となった場を舞台に、その場に残る記憶や事実をもとに同居人とパフォーマンスを実行。又、他者の言葉を代行して語る、『演説代行』を実践・記録する作品制作をしている。

久松知子/ひさまつ・ともこ

1991年三重県生まれ。現在、東北芸術工科大学日本画領域の大学院生。2015年《レペゼン 日本の美術》で第18回岡本太郎現代芸術賞岡本敏子賞受賞。主なグループ展に「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」(文翔館、2016)、「東北画は可能か?―地方之国構想博物館―」(東京都美術館、2015)ほか。

後藤拓朗/ごとう・たくろう

1982年山形市生まれ。東北芸術工科大学洋画コースを卒業後、美術非常勤講師として勤務する傍ら、山形県白鷹町のアトリエにて作品を制作。オープンアトリエを中心に発表活動を行う。マスメディアやインターネットを通じて得られる情報と身辺の生活風景との結びつきを探り郷土画として表現した油彩作品などを制作している。

《イベント》

アート系ネットラジオ番組「ひさまつ子の美術の部屋」のスタジオを制作し、会期中に

ゲストをお招きした公開収録を2回行います。この番組は、久松知子が出会った美術

に関わる人々の声を収集・発信することで、さまざまな美術のあり方と出会い共有す

ることを模索しています。

●2月8日(水) ゲスト:細谷修平(美術・メディア研究者、映像作家)

●2月10日(金) ゲスト:田中望(画家、東北芸術工科大学博士課程在籍)

※両日とも19:00─20:30。入場無料。



【クロージングパーティ】

2月12日(日) 19:00─22:00

※お飲物等ご用意しておりますのでお誘い合わせの上お越し下さい。出展作家によ

る出し物あり。差し入れ歓迎。



【会場へのアクセス】

ミサワクラス(山形県山形市本町1丁目7番24号)

山形駅東口から中心街100円循環バス「本町」下車徒歩1分(バスは10分間隔で運

行[9:30─18:30])

※ミサワクラスはシェアアパートです。玄関入ってすぐの階段を上がった2階が会場です。

会場は設備上寒く感じる場合がありますので、暖かい服装でお越しください。



【次回展覧会予告】

白鷹町文化交流センター 山形若手アーティスト展シリーズ 「山形藝術界隈展 〇二」

会期:2017年3月1日(水)→3月20日(月祝) 9:00─17:00

会場:白鷹町文化交流センターあゆーむ(山形県西置賜郡白鷹町大字鮎貝7331番地)

※3月6日(月)・13日(月)休館。入場料200円(高校生以下無料)。



【藝術界隈とは】

2016年9月に山形市中心市街地の御殿堰芝生広場において開催されたアートの

市「芸術界隈」から派生した芸術運動体。絵画・音楽・パフォーマンス等それぞれの

表現活動を行っているメンバー数人が集まり、夜な夜な密会を開いては、山形という

地方都市における独自のアートシーン成立の可能性を問う実験的な試みを計画。

展覧会の開催やフリーペーパー「山形藝術界隈新聞」の発行といった活動を通じ

て、既存の枠組みに捕われない新たな作品制作・発表のあり方を模索している。

展覧会のお知らせ 『Night Voice』



合同企画展『Night Voice』を開催致します。
旧旅館を改造したシェアハウス『ミサワクラス』では、一部の住人が自室をギャラリーや制作スタジオやライブハウスとして使用し、日々制作発表活動を行っています。本企画『Night Voice』では、開催期間を4日間の夜間のみに絞り、『夜』に関連した絵画、映像の展示やライブパフォーマンスを実地します。

————————————————————————————————————————————————————————
会場|ミサワクラス

TRIP CHILDS LIVINGROOM(山形県山形市本町1ー7ー24ミサワクラス2F キッチン横)

白丸たくト 『白丸たくトによる連続ライブイベント”旅人”』

7月1日 「私を聴いてるワタシは誰だ」@MOLE GALLERY

7月2日「ゴアテックスのカッパ着てフルサイズのデジカメ持ってオートマの日本車で夜の山に連れて行く」@滝野アトリエ出張所

7月3日「死を抱きしめる」@TRIP CHILDS LIVINGROOM(ゲスト:ay)

7月4日「Voice As It Is」@ミサワクラス

全日19:00スタート 料金500円

☆☆☆

TAKINO STUDIO (山形県山形市本町1ー7ー24ミサワクラス2F 南側)

後藤拓朗 『ゴアテックスのカッパ着てフルサイズのデジカメ持ってオートマの日本車で夜の山に行く(オープンスタジオ出張版)』

☆☆☆

MOLE GALLERY (山形県山形市本町1ー7ー24ミサワクラス2F 北側)

大槌秀樹 『音楽家:白丸たくトによる公衆電話を使用したLIVE』

【予告】

ゲリラBAR りょうちん 展覧会会期中に出没!!

空間設計:工藤裕太

————————————————————————————————————————————————————————

会期|2016年 7月1日(金)〜  7月4日(月)

開廊時間|18:00〜22:00

————————————————————————————————————————————————————

16/3/11 2スペース合同企画イベント『音楽とお話の時間』

音楽とお話の時間

AAOO Public Space & TRIP CHILDS RECORDINGS

2016 3/11(金)

『音楽とお話の時間』

OPEN/START18:30〜 1Drink付500yen

出演

白丸たくト

出口惣一

会場

TRIP CHILDS LIVINGROOM(山形県山形市本町1−7−24ミサワクラス2Fキッチン横)

tripchildslivingroom@gmail.com

GALLERY 3店舗 一周年共同企画!!『Throw into Space』



この度は、ミサワクラス内におけるGALLERY 3店舗の一周年を記念しまして。

GALLERY 3店舗 一周年共同企画!!『Throw into Space』を開催致します。

————————————————————————————————————————————————————————

会場|ミサワクラス

AAOO Public Space (山形県山形市本町1ー7ー24ミサワクラス4F)

出口惣一 個展 『これまでの起源』

☆☆☆

空地画廊 (山形県山形市本町1ー7ー24ミサワクラス2F南側)

工藤裕太 個展 『三ヶ月町の分譲』

☆☆☆

MOLE GALLERY (山形県山形市本町1ー7ー24ミサワクラス2F北側)

後藤拓朗/望月梨絵/根本裕子/大槌秀樹 企画展 『MOLE 革命』

————————————————————————————————————————————————————————

会期2016年 2月9日(火)〜  2月14日(日)

開廊時間13:00〜18:00

————————————————————————————————————————————————————————

イベント

MOLE GALLERY (山形県山形市本町1ー7ー24ミサワクラス2F北側)



アーティストトーク

13日(土)18:00〜19:00

後藤拓朗/望月梨絵/根本裕子/大槌秀樹

その後、『音楽家・白丸たくト』によるDJイベント開催決定!

13日(土)19:00〜22:00 (飲み物等準備してお待ちしてます!持ち込み大歓迎!!)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

TRIP CHILDS LIVINGROOM (山形県山形市本町1ー7ー24ミサワクラス2F奥)



『音楽家 白丸たくトの六日連続七化けライブ』

2月9日(火)〜  2月14日(日)

Open 16:30 Start 17:00

OPEN記念 入場無料!!

音楽家、白丸たくトによる六日間連続ライブです!!

お誘い合わせの上お越し下さいませ。

※お車でおこしのお客様は、近くのコインパーキングへご案内となりますのでご了承ください。

————————————————————————————————————————————————————————

地図

展覧会開催!《ドキュメンツ スペクタクル》



《ドキュメンツ スペクタクル》展! 展覧会を開催致します。

会場|ミサワクラス

AAOO Public Space(山形県山形市本町1ー7ー24ミサワクラス4F)

出口惣一 個展

空地画廊(山形県山形市本町1ー7ー24ミサワクラス2F南側)

工藤裕太 個展

MOLE GALLERY(山形県山形市本町1ー7ー24ミサワクラス2F北側)

大槌秀樹 個展

会期|2015年 10月9日(金)〜12(月)、16(金)〜18(日) の計7日間。

※空地画廊は16〜18の計3日間開廊。

開廊時間|14:00〜20:00

★イベント★

10月10日 トークイベント

「NIPPON、山形、私」

21:00〜翌6:00まで

入退室自由

ギャラリスト3人によるトークイベントを行います。

USTはこちらから。http://urx3.nu/oqnt

———————————————————

僕たちの生活、勇気を持って延長すること。

色々なことばで大きな地図を作る。

僕の暮らし、あなたの暮らし、

語る、聴く、表現する。どうなりたいか、どうなってほしいか。

変わるのか、変われないのか、そして何が変わったか。

NIPPON、日本、山形、私。

———————————————————

GALLERY3店舗同時EXHIBITION第2弾!!



ミサワクラス内、GALLERY3店舗同時EXHIBITION第2弾です!。

会場

AAOO Public Space(山形県山形市本町1ー7ー24ミサワクラス4F)

出口惣一 個展

空地画廊(山形県山形市本町1ー7ー24ミサワクラス2F南側)

工藤裕太 個展

MOLE GALLERY(山形県山形市本町1ー7ー24ミサワクラス2F北側)

大槌秀樹 個展

会期|2015年 5月29日(金)30日(土)31日(日)の3日間。

開廊時間|12:00〜18:00

★レセプションパーティー★

5月31日(日)

12:00〜18:00

最終日、1Fガレージにて、バーベキュー/屋上楽団地上の部、を予定しております。

食べ物、お飲物等ご用意しております。お誘い合わせの上お越し下さいませ!!

宜しくお願い致します。

PENPAL展のお知らせ

2010年から2013年まで入居していた私、こと望月梨絵が兵庫県神戸市元町にあるギャラリー、spaceeauuuにて展示をします。

大阪に住居を移してからデザイナーとイラストレーターとして仕事を通じて知り合う事になった赤井祐輔さん。仕事を通じて行われる一定の役割を一度、壊し「非予定調和」をテーマに展示をする事になりました。

最初は一緒に本を作る事になって、コンセプトをどうするか考える方法として「近況、興味がある事などを手紙でやり取りする」というのが始まりだったのですが、展示の話を丁度貰った事を切っ掛けに本より先に展示に踏み切りました。

4月26日のトークイベント「予定調和への冒険」とある様にまだ見ぬビジョンに「どうなるのだろう」という冒険心を持ちながら制作に打ち込んでいます。

赤井さんと展示開催まで潜っていきたいと思います。

RIE MOCHIZUKI & YUSUKE AKAI EXHIBITION 「PEN PAL」
2015年4月25日(土) – 5月3日(日) 15:00 – 22:00

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

文通はすてきだ。小説や映画のように感動したり、手に汗握る展開にならなくてもその日の天気から些細な出来事まで、日常を交換するだけで成り立ってしまう。そして決まりきった内容を繰り返していくうちに、何かを伝えるという目的からはずれ手紙を書くために文通をしているような気分になっていく。

本展ではイラストレーターの望月とデザイナーの赤井が、目的と行為が浮遊して定まらない文通というコミュニケーションを介しながら、視覚表現の交換をおこないやりとりされた作品をアーカイブし、展示します。

作品制作のプロセスを手紙に委ねることで、イラストを描くこと・デザインをすること・そして視覚表現についての捉え直しを試みます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

OPENING TALK「予定調和への冒険」
4月26日(日)15:00-16:30
入場無料(要ドリンクオーダー)
【ゲスト】
服部滋樹(graf代表)

私たちは日々の暮らしの中で、決まった行為の繰り返しにより技術を強化し負担を軽減して生きています。
しかし一方で表現すること、豊かな暮らしを送ることにおいては反復行為そのものは必ずしも良いものとは限りません。表現と共に暮らしていくこと、予定調和との付き合い方などについてgraf代表の服部滋樹氏をお迎えし、考えていきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

CLOSING PARTY

5月3日(日)19:00–21:30
入場無料(要ドリンクオーダー)
※食べ物を1品お持ち寄りください。

===================================

<望月梨絵 rie mochizuki>
1985年生まれ静岡県出身。東北芸術工科大学大学院修了。大阪にてフリーランスのイラストレーターとして活動している。またファブラボ北加賀屋にてインターンシップ中。

<赤井佑輔 yusuke akai>
1988年生まれ奈良県出身。京都造形芸術大学卒業。卒業後まもなくgrafへ入社しグラフィックデザイナーとして活動、2014年に独立しparagramを設立、PARK Labに参画。大阪を拠点に活動している。

spaceeauuu→http://www.musika-nt.com/spaceeauuu/?page_id=2320

【告知】GALLERY3店舗同時OPEN!!



ミサワクラス内にGALLERY3店舗同時OPEN!!します。

会場

AAOO Public Space山形県山形市本町1ー7ー24ミサワクラス4F)

出口惣一 個展

〈未使用の展覧会〉

空地画廊山形県山形市本町1ー7ー24ミサワクラス2F南側)

工藤裕太 個展

〈工藤建築研究所『自由研究展』〉

MOLE GALLERY(山形県山形市本町1ー7ー24ミサワクラス2F北側)

大槌秀樹 個展

〈Record〉

MOLE GALLERY side2(山形県山形市本町1ー7ー24ミサワクラス2F南側)

Ma Semi によるアニメーション上映予定。

会期|2015年2月10日(火)〜2月15日(日)

開廊時間|12:00〜18:00

休廊日|無休

レセプションパーティー&ギャラリストトーク

2月13日(金)

18:00〜20:00

お飲物等ご用意しております。お誘い合わせの上お越し下さいませ!!

※各GALLERY展示やイベントを行います。

宜しくお願い致します。

屋上楽団 vol.2 反省 & 24時間飲みUST

お久しぶりです。屋上楽団です。

梅雨の時期からあっという間に冬がやってきました。その間、我々屋上楽団はいくつもの休日を謳歌し続けてまいりました。一つ発見したことは、
雪の積る屋根の上での楽団の活動が非常に嫌だということです。
最近はもっぱらミサワクラスのガレージで活動してます。

今年の反省ということで、過去の映像などを見ましたところ,
計画は全く進められていないことを発見しました。
ただ、実感として七日町を行き交う人々に、屋上楽団というかなぜかギターを弾いてる人として
少しずつ認知され始めたのではということがあります。来年はどこかの屋上での演奏会をするために5曲ほど準備しています。
https://goo.gl/maps/SVKki


さて、今年もあと数日となりましたが、2014年12月27日0:00から、ミサワクラスでは24時間飲みを行いました。
これは工藤が2013年3月に一人でひっそりと行った企画で、ひたすらコタツで24時間飲み続けるというものです。
今回の24時間飲みで行われたUSTREAMの配信中に、屋上楽団がゲストライブも行っています。
24時間飲みの様子と合わせてご覧ください。(屋上楽団ライブは3つめの動画です。)

24時間飲み開始1時間経過。まだ余裕がある。











page top

PLAYとは?|What's PLAY

ミサワクラスを中心に、山形市七日町界隈で脈動するオフ・ミュージアム的なプロジェクト。街をアートで楽しむ〈Player〉たちの動きをドキュメントしていきまっす!