3月11日のキッチン

こんばんわ。松山です。

3月11日(土)、東日本大震災からちょうど一年の今日はみなさんいかがお過ごしですか?

ミサワクラスは本日、大学が企画した追悼イベント『3月11日追悼の輪』にcooffee aidをひっさげて参加し、荒くんと工藤くんがコーヒーを淹れてきました。

USTREAMでその模様も見ることができます。

http://www.ustream.tv/recorded/21025778

今日はみんなどんな一日を過ごしているのかな?

今日は僕が仕事から帰ると、望月梨絵がご飯をつくっておりました。18時ころ。

メニューはロコモコでした。

そこに千葉さやかが帰ってきました。映画を観に行っていたようです。観た映画は『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』です。ジョナサン・サフラン・フォアの小説をスティーヴン・ダルドリーが映画化したこの映画は9・11を題材にした再生の物語でした。僕も観ましたが面白かったです。

すぐ、coffee aidに出かけていた荒くんと工藤くんも帰宅し、さっそく荒くんがキッチンにいる人数分のコーヒーを淹れてくれる。豆は今日の昼にミサワを見学にきた黒磯のCAFE SHOZOのオーナーショウゾウさんの甥の男の子がお土産で持って来てくれたもの。

荒くんは、七日町のふみや書店(建築の本がたくさんおいてあります)で『原発と建築家』『日本の文脈』という本を購入してきました。

工藤くんは望月さんからロコモコをもらい、夕ご飯にする。松山もロコモコ食べる。千葉さんは遠慮する。工藤くんは食事のお礼に、食器を洗う。

ご飯を食べてると、根本裕子が表れ100円均一ショップで、〈耳当てとヘアバンドが一体化したもの〉を買ったと自慢する。それを着けた根本さんの姿は、僕にはスターウォーズにでてきた何者かにしか見えない。

千葉さんは夕食をつくり始める。いまからもう一回映画観に行こうかな、という千葉さん。それに便乗しようとする荒くん。でも結局行かない。雪が降り出す。

みんながキッチンから自室に戻ると、望月梨絵がキッチンでチーズケーキをつくる。この前の〈ミルフィーユ〉で余ったチーズを使ってつくるらしい。ヨーグルトが足りなくてコンビニに買いにいかなくてはいけなくなり、僕に買ってこいと言う望月。根本さんがキッチンに来たから、試しに根本さんにお願いしてみたら、「今から東京に行くからダメ」と言う。明日は展示の搬出で東京に行くらしい。

結局、松山が買い出しに行く。

21時頃チーズケーキつくり完了。オーブンで焼いている間、望月も部屋に戻る。キッチンには松山一人になる。荒くんが置いていった『日本の文脈』を読む。

3月12日になったらみんなでチーズケーキを食べましょう。

さようなら、3月11日。


page top

キッチンジャム:コミュニティ|COMMUNITY

キッチンジャムって?|キッチンジャムのご紹介

「Rコモンズ」シェアアパートメントのミサワクラス、花小路トランクに住まう8人の女の子たちのリレーエッセイ。キッチンに共通した「ジャム」をきっかけに、キッチンで話す、食べる、つくる、それぞれのキッチンでまき起こる女の子たちのぺちゃくちゃな会話を素材に、ぐつぐつと新しいジャムを作ります。

キッチンジャムの8人のおんなのこたち|8人の女の子たち

キッチンジャムの女の子たち

  • マルガリタ
  • オイスター
  • フィグ・ド・ツブツブ
  • ブドゥーニャ
  • イヨちゃん
  • アントワーヌ
  • ワンダ
  • トロント