ツブツブちゃんへ

また少し、時間が空いてしまいましたが、ツブツブちゃんお返事どうもありがとう。

青森での根本裕子さんの展示はいかがでしたか?わたしも青森はいきたい土地ですので、

時間をつくって訪れたかったのですが火加減が難しくて断念です。

山形はまだ雪が降りません。今年の冬は暖かいです。オススメの鍋!、鍋子です。

わたしの仕事といえば、朝から晩まで鍋を煮ることなのですが、最近不思議な体験をしました。

鍋子18歳は、それはもう空焚きの大事件だったのです。その当時をよく知る人物を山形で先日再開いたしました。

18歳の鍋子は、怒りと退屈の炎で燃え盛り鍋の中身は空っぽという非常に危険な時代であったのですが、

その友人は、鍋子に色々なものを詰め込んでどうにか大出火だけは免れるという非常に重要な役割を

担ってくれておりました。それでもやはり、ボヤ騒ぎは防ぎようもなく色々な人々を巻き込んでいくのです。

人から多くのものをいただいている鍋子ですが、不思議とその人たちが望んだものになってきたような

感触があります。それは立派な鍋です。もはや、会うことのできなくなってしまった友人たちにすら、彼らが

以前鍋子に投影した何ものかをはっきりと感じる。

焼け焦げたのか、煙にもしくは溶けて形がなくなったのかは、それは不明ですがそういう人々の食材を感じます。

望んだようには出来事が進まないことをずっしりと感じながらも、そうやって過ぎていったものごとに不思議な

豊かさを今感じています。友人との再開で、10年以上の時間と食材が一気に現れてきました。

そして、18歳の鍋子はどうやら生き延びている。もう火事を起こすようなことはないだろうけれど、

当時の鍋子が本当に何をしようとしていたのかはっきりと思い出しました。

一つの時代が終わり、違うステージへ進めそうです。

山形にいる鍋子さんへ

もうすぐ、冬が来ていますね。
お久しぶりです。土をこねて焼く フィグ・ド・ツブツブです。
皆さま、お元気でしょうか?

陶芸は料理とよく似ています。なので鍋子さんのように、よく思いを巡らせる時間があるのです。
考えるスピードと作っていく時間がなかなか合わないので
良くも、悪くもですが…

作品を制作する事はどういう事なのかについて
考えています。
最近気にしている事は、余裕があるのならば自身の事を開示する事。悲しみに向き合う事で、本質にタッチできる事。それと縄文文化です。

はっきりとした答えは、シンプルには出ませんが
「信じる」と似ているところにありそうです。

私事ですが、12月に青森県弘前市で個展を行ないます。
楽しくワークショップもする予定です☆
この時期に青森周辺におられる方 是非!!!


CASAICO (カサイコ)
〒036-8093 青森県弘前市城東中央4-2-11

根本裕子展
会期:2015年 12/5(金)~23
時間:11:00~18:00 最終日は16:00まで
会期中無休

アントワーヌより



2014年になりました。お久しぶりです、アントワーヌです。急激な環境の変化で、状況についていくのが大変ですが元気でやっております。

2013年といわず、ミサワに住みプロジェクトや展示に関わりながら一個人として生活していた頃を思い返すと本当に「面白い」に尽きます。アルバイトを終えて帰宅するとアルバイト先とは違うコミュニティーが自宅でも繰り広げられ、自分のお家なのに自分とは関係ない所で物語が生まれていたりするんですもの。勿論、楽しい嬉しいだけの感情だけが生まれるワケではなく、時には苛立ち、泣いた事もありました。(そんな自分を押し出し続けていると住人は最早、女性扱いはしてくれなくなり自信損失の原因に繋がったりも!)でも私がミサワを出て約半年が経って改め、シェアして暮らす事、山形という地について考える事が増えてきた様に思うのです。

24時間飲みの様子 工藤裕太


プロジェクトは年にあっても5、6回ぐらいであとは本当に日常を送っています。でも個々の周期の関係か何か良く分かりませんが「24時間飲みをやる」と言い出したりしてキッチンにコタツを持ってきて突然生活し始めたりするのですよね。おかしなことに…。でもそう言う周期に巻き込まれコタツに入って映画を一緒に鑑賞してみたり、24時間を迎える際に一緒にカウントしてみたり日常が非日常の様な、逆に何かのイベントよりも日常をドラマチックに過ごす事が出来た様に思います。

勿論、オープンハウスと称した展示も作家活動中の5人で企画した事も凄く意味のあった事だと思います。それぞれが仕事を抱えつつ空いた時間にミーティングを重ね、アルバイトで稼いだお金で展示をするのって結構な重労働。しかもそれが「お金になる」とか「頼まれて」とかそういう結果が与えられた確かな事ではなく自分自身でやる意味を見出し動くのだから、共同生活を共にしながら展示まで一緒にしてくれたメンバーに恵まれた事に感謝しています。

私も今、大阪の地にいながら「どこで」「誰と」「何を」「する」を考えながら、どうしたら自分は幸せなのかを単純に考えているのですが恐らくそれは山形で暮らし続けていたら考える事はなかったのでミサワを出た事は考える良い切っ掛けになったと思います。

近況、報告でした!

Happy Birthday!





はじめまして。あたし、ミルフィーユ。隠れキャラなの。

9月10日。

この日は三角コーナー茂和泉のトーク日。そして、茂和泉のお誕生日でもあったわ。

最近の三角コーナーのトークは集まったメンバーでお茶を飲んだり、軽くお酒を飲んだりしてリラックスした雰囲気の中、作品について語り合ってるの。ミサワ住民にとってとても有意義な時間よ。

今回は松山が手作りしたバースディチーズケーキとコーヒーという組み合わせ。

コーヒーは茂和泉がおいしいのを淹れてくれたわ。

でも、あたしちょっと反省してるの。チーズケーキにいたずらしちゃったから。

どんないたずらかって?ヒントは写真の中にあるわ。

いたずらしちゃったけど、味は抜群!

最近積極的にトークに参加してくれてる井形も恐る恐る食べて「おいしい!」と言ってたわ。

茂和泉、22歳おめでとう!素敵な事がたくさん訪れますように。

最後に、ちょっとあたしの自己紹介。

あたし、カラフルなものをつくるのが好きなの。

ウィンナーソーセージの会


ご無沙汰しておりました、アントワーヌです。6月10日(日)はミサワの皆さんでウィンナーソーセージを食べました。ミサワの住人の一人、木村聡美さんは東京へ遠征中で来れませんでしたが応募人数の多い大会にも関わらず上位3人の中に選ばれ、ミサワの人々も結果報告を楽しみにしています!!優勝者は確か、雑誌の表紙のお花をアレンジ出来るとかっ、凄いですね。

8時からウィンナーを茹でてると長野に行っていた工藤裕太君が日本酒やソバをお土産に買ってきていたり、東京に行っていた茂和泉かなこさんがチーズやワインを持ってきてくれたりテーブルの上が華やかでした。住人の人々はそれぞれ、多忙な様でなによりです!


また一週間頑張ります

珈琲とキッチン



みなさま、夜をいかがお過ごしでしょうか。先の初投稿で味をしめました、トロントです。

春の夕凪に誘われ、足を運んだは我らがアジト、シャンソン物語。避難はしごの向こうの小さな扉から差し込む、柔らかな光にまどろみながら、本日の珈琲・コロンビアをいただいてまいりました。

深く香ばしい珈琲を口に含み、店内に流れる音楽に耳を傾けます。なんて贅沢なひとときなんでしょう。隣の机では一人の紳士が私には到底理解のできないと思われる、細やかな毛細血管の様な道が描かれた地図を机一杯に広げ、うんうん唸っておられました。

それにしても、珈琲とは摩訶不思議な飲み物ですね。私が生まれて初めてブラック珈琲を口にしましたのは、懐かしき高校一年生の春、アルバイト先の珈琲店でした。

挽きたて・いれたての珈琲をおそるおそる口にした際の感動たるや。その芳醇な香り、口腔内に広がる颯爽とした苦み。私は、夏の飲み物の代表・麦茶を連想いたしましたことをはっきりと覚えております。

夏の日の麦わら帽子。焼けた肌に覗く白い歯。なぜかひどく懐かしく、それでいて新たな境地に立ったような感覚。その珈琲が、16歳の小さな胸の中に一粒のトキメキを与えました。

時は進んでミサワクラス。3.11の震災へのリアクションとして『コーヒーエイド』という活動を始める以前から、ミサワの住人達は珈琲がそれはもう大好きで、キッチンに集まれば珈琲、珈琲が飲みたければキッチンへという、流れが完成しておりました。

(コーヒーエイドについては、以前ブドューニャ姉様がキッチンジャムにて煮込み済みでしたので、僭越ながら愛を込めて割愛させていただきたいと思います。)

住民の、住民による、住民のための珈琲は、至福の味がいたします。まさに、コーヒーエイド。癒し、癒され、コミュニケーションを円滑にするお薬です。(コーヒーエイドという名前は、珈琲とバンドエイドを掛けたオモチロオカチイ名前なのです。)

誰かが珈琲をいれれば、どこからともなく住人達が集まり出し、気付けば珈琲に混じって麦酒の缶の封を切る。とっておきのお菓子を部屋から持って来る。そしてそこから夜な夜なキッチンジャムが開かれる。と、このような具合です。

きっと、これからも私たちはキッチンで珈琲を飲み、生活を共にしていくのでしょう。

さて、こんな事を書いておりましたら、珈琲が恋しくなってまいりました。ちょっと、珈琲をいれてきたいと思います。

それでは次のトロントをお楽しみに。

真夜中のキッチンジャム



AM 4:28

真夜中も大分過ぎ、ミサワのキッチンが明るいとも、暗いとも言えない、ブルーに染まるこの時間。ミサワクラスで聴こえるのは、部屋から漏れる微かな音楽と、原動機付き自転車が走る音。

死ぬ前に見る世界がこのようなものであればいいと思うほど私はこの時間帯を愛しております。

初めまして、ミサワクラスに住んで一年が経つトロントです。

時間とは面白いもので、入居当初では想像もつかなかったことが日常的に勃発している今日この頃です。

今回は、その報告というか、なんていうか、何となくなのですが。キッチンジャムを日常の中に取り込んでみようというトロントの新たな試みの第一歩です。だって、ダイアリーって、日々したためるものでしょう?

難しい言葉はよくわからないし、自分じゃなくなってしまう気がするので、これからゆるゆる綴ってみようと思います。それでもやはり些か緊張致しますので、お酒の力を借りて。饒舌なる日記を書ければ幸いです。

現在、私はミサワクラスの中で下から二番目で、愛する家族はぜんぶで11人います。

ここだけの話、入居したばかりの頃は、ミサワクラスの住人は家族というより、先輩という概念が強く、なかなか気を許すことができないでいたように感じます。同じ場所で他人と生活する事、その中での自分の立ち位置、居場所。いろいろなことに悩んでおりました。

いつからでしょう、その憂鬱な気持ちが消え去り、家族愛にも似た、住人への愛おしさが芽吹き始めたのは。(ここではっきりとその時期を述べてしまうのは野暮というものです。言いません。)

近頃は、真夜中のキッチンにて、姉達と恋の話に花を咲かせる事もしばしばです。先日は、兄と共に屋根の掃除をしたり、姉や兄達と仙台空港までお出かけしたりしました。

なんだか、そうやって住人達との距離が縮まるにつれて、自分自身がミサワクラスという共同体の一部となり、日々を生きているということを実感するようになりました。今更ながら、やらなければいけないことも見えてきました。

家に帰ってきて、誰かがいる安心感というのは、たまらないものだと感じ始めたのは近頃最近のことです。

一人だけど、独りじゃない。という素敵な状況が、疲れきった体も、冷えた心も、底の方からじんわりと暖めてくれます。まるで、はちみつと生姜のように。

だから、私はいつでも元気でいられるのかもしれません。

その琥珀色の日々が、私の中に染み込み、スパイシーでとろける日常を与えてくれているようにも感じます。

嗚呼、甘露甘露。(最初はブルーと申しておりましたのに、途中から琥珀色だとは、なんだかへんてこですね。)

ところで、ミサワを抜けていったメンバーのみんなは元気でしょうか。

たまには遊びにきてください。

そして、とびきりおいしいカレーの作り方なんか教えてくれたら最高です。

あら、外が白んでまいりましたので、今回はここまで。またゆるゆると書こうと思います。もしかしたら、すぐにでも書き出すかもしれません。次回のトロントをおたのしみに。

おやすみ、やまがた。おやすみ、ミサワクラス。

3月11日のキッチン

こんばんわ。松山です。

3月11日(土)、東日本大震災からちょうど一年の今日はみなさんいかがお過ごしですか?

ミサワクラスは本日、大学が企画した追悼イベント『3月11日追悼の輪』にcooffee aidをひっさげて参加し、荒くんと工藤くんがコーヒーを淹れてきました。

USTREAMでその模様も見ることができます。

http://www.ustream.tv/recorded/21025778

今日はみんなどんな一日を過ごしているのかな?

今日は僕が仕事から帰ると、望月梨絵がご飯をつくっておりました。18時ころ。

メニューはロコモコでした。

そこに千葉さやかが帰ってきました。映画を観に行っていたようです。観た映画は『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』です。ジョナサン・サフラン・フォアの小説をスティーヴン・ダルドリーが映画化したこの映画は9・11を題材にした再生の物語でした。僕も観ましたが面白かったです。

すぐ、coffee aidに出かけていた荒くんと工藤くんも帰宅し、さっそく荒くんがキッチンにいる人数分のコーヒーを淹れてくれる。豆は今日の昼にミサワを見学にきた黒磯のCAFE SHOZOのオーナーショウゾウさんの甥の男の子がお土産で持って来てくれたもの。

荒くんは、七日町のふみや書店(建築の本がたくさんおいてあります)で『原発と建築家』『日本の文脈』という本を購入してきました。

工藤くんは望月さんからロコモコをもらい、夕ご飯にする。松山もロコモコ食べる。千葉さんは遠慮する。工藤くんは食事のお礼に、食器を洗う。

ご飯を食べてると、根本裕子が表れ100円均一ショップで、〈耳当てとヘアバンドが一体化したもの〉を買ったと自慢する。それを着けた根本さんの姿は、僕にはスターウォーズにでてきた何者かにしか見えない。

千葉さんは夕食をつくり始める。いまからもう一回映画観に行こうかな、という千葉さん。それに便乗しようとする荒くん。でも結局行かない。雪が降り出す。

みんながキッチンから自室に戻ると、望月梨絵がキッチンでチーズケーキをつくる。この前の〈ミルフィーユ〉で余ったチーズを使ってつくるらしい。ヨーグルトが足りなくてコンビニに買いにいかなくてはいけなくなり、僕に買ってこいと言う望月。根本さんがキッチンに来たから、試しに根本さんにお願いしてみたら、「今から東京に行くからダメ」と言う。明日は展示の搬出で東京に行くらしい。

結局、松山が買い出しに行く。

21時頃チーズケーキつくり完了。オーブンで焼いている間、望月も部屋に戻る。キッチンには松山一人になる。荒くんが置いていった『日本の文脈』を読む。

3月12日になったらみんなでチーズケーキを食べましょう。

さようなら、3月11日。


ミサワクラスのミーティング風景



こんにちは、アントワーヌです。

企画も一段落して、ミーティングを行いました。入居者の事から始めました。

今、入居者を募っていた所、希望者は今の所3組です。

あと、今後のミサワの共同スペースの使い方を考えました。

食器が洗われずに残ってたり、トイレが汚かったり、浴槽の水が残っているなど住人もストレスが溜まっていたようです。改善策として食器は各個人の私物の食器だけにして、自分の部屋に持ち帰る。

4月からはそれぞれ家賃が1000円安くして頂けることになりました。共益費も一人当たり1400円に下がりました。

しかし先月の電気代がいつもより高額になっていたため、各自の部屋の窓を二重にするという事案が保留になるという悲しい事が起こりました。なのでエアコンはタイマーにして起動する事やトイレの電気は消すという提案が出ました。

使ったら片付ける、汚くしたら奇麗にするなど本当に当たり前の事が共同で生活する事により疎かになっています。

ミサワの住人は寛容な人々が多いですが、自分に対してはもしかしたらもう少し厳しくする事を心がけた方が良いかもしれないで

すね。

ミサワクリスマス会☆

ミサワクラスのクリスマス会のご報告です。

毎年恒例となったミサワクラスのクリスマス会。

今年は12月23日に開催されました。食事のメニューは、フライドチキン、ポテト、スパゲティ、ブイヤベース、ケーキです。もちろんみんなで手作りしました。

作ってくれたのは荒くん、工藤くん、望月さん、千葉さんです。

そしてプレゼント交換をして(500円程度でそれぞれ用意。多いに当たり外れあり)トランプゲームなどを行いました。

みなさんのところにもサンタさんはいらっしゃったでしょうか?

(Photo:Jun Matsuyama)

page top

キッチンジャム:コミュニティ|COMMUNITY

キッチンジャムって?|キッチンジャムのご紹介

「Rコモンズ」シェアアパートメントのミサワクラス、花小路トランクに住まう8人の女の子たちのリレーエッセイ。キッチンに共通した「ジャム」をきっかけに、キッチンで話す、食べる、つくる、それぞれのキッチンでまき起こる女の子たちのぺちゃくちゃな会話を素材に、ぐつぐつと新しいジャムを作ります。

キッチンジャムの8人のおんなのこたち|8人の女の子たち

キッチンジャムの女の子たち

  • マルガリタ
  • オイスター
  • フィグ・ド・ツブツブ
  • ブドゥーニャ
  • イヨちゃん
  • アントワーヌ
  • ワンダ
  • トロント