食についての気づき。

お久しぶりです。アントワーヌです。
食べ物の美味しい季節になってきましたね。山形はもう、秋を通り過ぎて冬の様な寒さだと聞きました。私はそんな山形を離れて大阪にいます。

まだ生活が安定していない大阪での生活。今迄興味のなかった衣食住について考えるようになりました。食べ物はスーパーで買ったら冷蔵庫にいれて保存加工された食材を買えば手間もなく料理を作る事が出来る。衣類も洗濯機さえ入れば一気に洗濯する事が出来る。そう言う日常のお陰で空いた時間を制作や勉強に費やす事が出来ていました。でも昔の人たちの暮らしはそう言うモノがない時代だったからこそ男女の役割分担がはっきり出てたのだなっと感じるにりました。それがジェンダーと言う問題にも繋がってしまうのでしょうが。

でも最近釜を使って火でご飯を炊いていると本当にご飯が美味しくて、やっぱ電気でご飯を炊くより火の方がおコゲもつくし良いなと感じています。栗も生のまま買ってくると皮を剥く作業で虫が殆どの栗の中にいます。(これは自然な事だけど甘栗とかお店で買う栗にはいないので忘れていた感覚でした。)特に健康な栗に程虫がいて、不健康な栗には虫はくっついてなかったり、虫には良し悪しを見分ける目利きを持っていると学んだり面白いです。

絵を描きたい焦燥もありつつ、不安定な暮らしだからこそ、今日々の暮らしにも興味が湧いてます。


page top

キッチンジャム:コミュニティ|COMMUNITY

キッチンジャムって?|キッチンジャムのご紹介

「Rコモンズ」シェアアパートメントのミサワクラス、花小路トランクに住まう8人の女の子たちのリレーエッセイ。キッチンに共通した「ジャム」をきっかけに、キッチンで話す、食べる、つくる、それぞれのキッチンでまき起こる女の子たちのぺちゃくちゃな会話を素材に、ぐつぐつと新しいジャムを作ります。

キッチンジャムの8人のおんなのこたち|8人の女の子たち

キッチンジャムの女の子たち

  • マルガリタ
  • オイスター
  • フィグ・ド・ツブツブ
  • ブドゥーニャ
  • イヨちゃん
  • アントワーヌ
  • ワンダ
  • トロント