ツブツブちゃんへ

また少し、時間が空いてしまいましたが、ツブツブちゃんお返事どうもありがとう。

青森での根本裕子さんの展示はいかがでしたか?わたしも青森はいきたい土地ですので、

時間をつくって訪れたかったのですが火加減が難しくて断念です。

山形はまだ雪が降りません。今年の冬は暖かいです。オススメの鍋!、鍋子です。

わたしの仕事といえば、朝から晩まで鍋を煮ることなのですが、最近不思議な体験をしました。

鍋子18歳は、それはもう空焚きの大事件だったのです。その当時をよく知る人物を山形で先日再開いたしました。

18歳の鍋子は、怒りと退屈の炎で燃え盛り鍋の中身は空っぽという非常に危険な時代であったのですが、

その友人は、鍋子に色々なものを詰め込んでどうにか大出火だけは免れるという非常に重要な役割を

担ってくれておりました。それでもやはり、ボヤ騒ぎは防ぎようもなく色々な人々を巻き込んでいくのです。

人から多くのものをいただいている鍋子ですが、不思議とその人たちが望んだものになってきたような

感触があります。それは立派な鍋です。もはや、会うことのできなくなってしまった友人たちにすら、彼らが

以前鍋子に投影した何ものかをはっきりと感じる。

焼け焦げたのか、煙にもしくは溶けて形がなくなったのかは、それは不明ですがそういう人々の食材を感じます。

望んだようには出来事が進まないことをずっしりと感じながらも、そうやって過ぎていったものごとに不思議な

豊かさを今感じています。友人との再開で、10年以上の時間と食材が一気に現れてきました。

そして、18歳の鍋子はどうやら生き延びている。もう火事を起こすようなことはないだろうけれど、

当時の鍋子が本当に何をしようとしていたのかはっきりと思い出しました。

一つの時代が終わり、違うステージへ進めそうです。

山形にいる鍋子さんへ

もうすぐ、冬が来ていますね。
お久しぶりです。土をこねて焼く フィグ・ド・ツブツブです。
皆さま、お元気でしょうか?

陶芸は料理とよく似ています。なので鍋子さんのように、よく思いを巡らせる時間があるのです。
考えるスピードと作っていく時間がなかなか合わないので
良くも、悪くもですが…

作品を制作する事はどういう事なのかについて
考えています。
最近気にしている事は、余裕があるのならば自身の事を開示する事。悲しみに向き合う事で、本質にタッチできる事。それと縄文文化です。

はっきりとした答えは、シンプルには出ませんが
「信じる」と似ているところにありそうです。

私事ですが、12月に青森県弘前市で個展を行ないます。
楽しくワークショップもする予定です☆
この時期に青森周辺におられる方 是非!!!


CASAICO (カサイコ)
〒036-8093 青森県弘前市城東中央4-2-11

根本裕子展
会期:2015年 12/5(金)~23
時間:11:00~18:00 最終日は16:00まで
会期中無休

キッチンでお待ちしております。

蔵王の山にも雪が積もり、グツグツと鍋が煮えています。

そう、グツグツと鍋が煮えているのです。

自己紹介が遅れました、わたくし鍋子さんです。

どんな具材を入れたのか、どんな具材があったのか。

そういうことはいっこうにわかりませんが。

例えばふと、ここにはどんな人が住んでいたのか、また今どんなどんなどんな人が住んでいるのかなどなど、

料理を作るとそういうことに思いを巡らすこともあるものです。

宛先がなければ、届くはずの便りも届きません、だから私は鍋を煮てみなさまをお待ちしております。

わたくしたちの次のお食事に誘われるように、みなさまのお便りをお待ちしております。

農園で野菜作り!

夏野菜の季節に近づいていますね!
こんにちは、アントワーヌです。
大阪に来て、あと少しで一年になります。早いものです。生活も少しずつ、落ち着き始めて余裕が出てきたので私も生活を見直そうと思っています。
その第一弾として、アントワーヌも農園、一部分を借りて野菜作りに励もうと思っています。祖父母が農家だったので畑や田んぼは身近なはずなのですが
収穫しても育てる知識は皆無でした。でも大阪に来て以来、自給自足の生活が素晴らしいものであると感じ、今月から三人でシェアしながら野菜やハーブを
育てようと思ってます。
今の所、バジルと綿とトマトを植える予定です。(綿は5月に植えるモノなので育つか心配ですが)
「食」繫がりで、2014年6月28日(土)と29日(日)の二日にわたり大阪駅付近にあるハービスPLAZA ENTでFANTASTIC MARKETが開催されます。
graf主催で年に数回行われるFANTASTIC MARKETですが、今回はFRESH(新鮮)をテーマに、採れたての野菜やくだもの、つくりたて、出来たての見ているだけで元気になるものが揃っている様です。
今回、チラシのイラストを描かせて頂いたのですが、出店者さんのサイトや情報を調べていくうちに食べてみたいものが沢山あって、しかもこだわり食材なので
食に勉強中の私には色々勉強になりそうです!初めて行こうと思っているのですが今からとても楽しみです^^是非、お近くの方も覗いてみてください。

失敗、あるいは感覚

こんばんは、相変わらずホームベーカリーに夢中なワンダです。

とはいえ、ミサワクラスに入居してから、キッチンの片隅でホコリをかぶっている物体が、あの愛しのホームベーカリーだと気づくのに1週間ほどかかりました。

かつて、子どもの頃、新たに売り出された文明の利器が我が家にやって来て、母親が嬉々としてパンを焼いていたことなんて実はすっかり忘れていたのですが、パッと思い出しました。

ひとまず、それをキレイに掃除してみました。異状は無さそうでした。
それから、聞き込み調査をしてみました。
何でも知ってそうな、ミサワクラス創設当初からの住人であるO氏に訊ねてみたところ、それはさる奇特なお方から譲り受けたものだそうで、充分使えるコンディションであるが、いまだかつてここでは誰も使ったことがない、という事実が判明しました。

そうして、意を決して、材料を揃え、実際にそのホームベーカリーを使ってパンを焼いてみたのは、さらに1週間後のことでした。
すると、あっけないくらい簡単に、美味しい食パンができました。


案ずるより産むが易しだなと得心して、普通の食パンのみならず甘めのタイプや全粒粉を混ぜたりクルミを入れたり、いろんなバリエーションを開拓してみました。
そうすると、そっけないくらい上手に、それぞれ美味しくできました。

しかし、10回ほどの成功に気をよくしていたある晩、クルミ入り食パンの焼きあがりを知らせるブザーを聞いて、いそいそとホームベーカリーのフタを開けた時、大変なショックを受けました。

何というか、膨らみが通常の半分くらいで……、一言で言うと、失敗したのでした。
焼きが不十分だったのかと思いきや、中身は生焼けでもなく、一応ちゃんと焼けていました。
でも、塩辛かったので、たぶん塩を多く入れすぎてイーストの発酵がうまくいかなかったのだろうと反省しました。

とても落ち込みましたが、気を取り直して、思いつきでそのパンをフレンチトーストにしてみたら、塩気がきいてとても美味しかったので、なんとか明日からも生きていけそうな、そんな気がしてきました。

そして、残りは“塩クルミパン”と称して、共同居住者の皆さんに食べてもらいました。

(実は失敗パンだということは内緒にしていました。ごめんなさい)

それにしても、何でまた、そんな初歩的なミスをしたのか納得がいかなかったのですが、その数日後にまたパンを作ろうとした時にやっと謎が解けました。
電子計量器の電池が切れかけで、的外れな数字を示していたのです。

確かに、あの時、容器に材料を入れながら、なんとなく見た目のボリュームがいつもと違うなと、かすかな違和感がよぎったのでした。
機械に頼らず、自分の感覚で判断できるようにならないとな……まだまだ修行が足りないと思いました。

そう言えば、非常にシステマティックな料理法を実践しているK氏が、ある時キッチンで話してくれたことをふいに思い出しました。

「お店とかで食べても味噌汁は毎日だと飽きるけれど、なんで家庭のお母さんの味噌汁は毎日でも飽きなくて美味しいのか知ってる?」とK氏はふと言いました。
「うーん……そんなこと考えたことなかった」というのが女性陣の反応でした。

「お店とかの味噌汁は一定のレシピで作ってて毎日同じ味だけど、お母さんの味噌汁は女性特有のバイオリズムによって、実は日々ちょっと濃くなったり薄くなったり、味が変わってるんだって。だから、飽きないんだって」だそうです。

K氏は、4月初旬からずっと仕事のため福島の猪苗代に赴任していますが、“はじまりの美術館”という美術館を6/1にオープンするための準備をしているそうです。

バリバリ働いているんだろうな。元気でやっているかなぁ。

キッチン遍歴

はじめまして、ワンダです。今春の入居以来、ミサワクラスのキッチンに魅了され、放置されていたホームベーカリーを活用してパンを焼くことに飽き足らず、もはやイチゴが旬となればジャムを煮て居る今日このごろです。

さて、これまで引越を20回ほど経たうえ、なんとも不可思議なキッチンにたどりついたのでした。
とにかく自分史上いちばん広くて、感動しています。単身者の物件さがしにおいては妥協せざるをえないところ、まさに共有するからこそ、これだけのスペースを使うことができるというわけです。

実際、私の昨年度実績としましては、約1メートル幅にIHコンロ1つと小さな流しがあるだけのミニマムなワンルーム仕様に対して、目玉焼き以上の創作意欲を持ちえませんでした。
また、それ以前には、ほぼ通路と同等のスペースで成立している1K物件のケースも多々ありました。

とはいえ、キッチンというからには、物理的な広さ狭さの条件が機能性や自由度を大きく左右するという事実を重くみて、なるべく古めの木造アパートの1DK物件を渡り歩いてきたものでしたが、2口コンロのある4.5帖ほどの空間とはいっても、窓の有無や隣接する玄関・風呂・トイレ・居室との生活導線について等々、日常における微妙な問題も諸々となきにしもあらずでした。そういった一長一短を汲み取りながら、それなりにグラデーションのあるキッチン生活を送ってきました。



そう言えば、ここは窓に恵まれています。

日中は電灯いらずで、特に朝の爽やかな光が清々しく素敵です。

そして、それぞれ個性的な共同生活者の面々が十人十色に使っています。

キッチンという空間を共有することは新鮮な経験で、いろいろ気づくことが日々あります。

私を含め今春からの入居者も多く、まだ全員が一堂に会するという機会を持てていませんが、またいずれそういうことも踏まえながら、単数形でもあり複数形でもあるようなキッチン生活が展開されていくことでしょう。

まだまだよく分からないことも多いですが、なんだか面白そうです。

アントワーヌより



2014年になりました。お久しぶりです、アントワーヌです。急激な環境の変化で、状況についていくのが大変ですが元気でやっております。

2013年といわず、ミサワに住みプロジェクトや展示に関わりながら一個人として生活していた頃を思い返すと本当に「面白い」に尽きます。アルバイトを終えて帰宅するとアルバイト先とは違うコミュニティーが自宅でも繰り広げられ、自分のお家なのに自分とは関係ない所で物語が生まれていたりするんですもの。勿論、楽しい嬉しいだけの感情だけが生まれるワケではなく、時には苛立ち、泣いた事もありました。(そんな自分を押し出し続けていると住人は最早、女性扱いはしてくれなくなり自信損失の原因に繋がったりも!)でも私がミサワを出て約半年が経って改め、シェアして暮らす事、山形という地について考える事が増えてきた様に思うのです。

24時間飲みの様子 工藤裕太


プロジェクトは年にあっても5、6回ぐらいであとは本当に日常を送っています。でも個々の周期の関係か何か良く分かりませんが「24時間飲みをやる」と言い出したりしてキッチンにコタツを持ってきて突然生活し始めたりするのですよね。おかしなことに…。でもそう言う周期に巻き込まれコタツに入って映画を一緒に鑑賞してみたり、24時間を迎える際に一緒にカウントしてみたり日常が非日常の様な、逆に何かのイベントよりも日常をドラマチックに過ごす事が出来た様に思います。

勿論、オープンハウスと称した展示も作家活動中の5人で企画した事も凄く意味のあった事だと思います。それぞれが仕事を抱えつつ空いた時間にミーティングを重ね、アルバイトで稼いだお金で展示をするのって結構な重労働。しかもそれが「お金になる」とか「頼まれて」とかそういう結果が与えられた確かな事ではなく自分自身でやる意味を見出し動くのだから、共同生活を共にしながら展示まで一緒にしてくれたメンバーに恵まれた事に感謝しています。

私も今、大阪の地にいながら「どこで」「誰と」「何を」「する」を考えながら、どうしたら自分は幸せなのかを単純に考えているのですが恐らくそれは山形で暮らし続けていたら考える事はなかったのでミサワを出た事は考える良い切っ掛けになったと思います。

近況、報告でした!

近況報告 第一弾

こんばんは、アントワーヌです。お久しぶりです。

大学を山形に選択してから9年間過ごし、まだ山形から離れる選択は考えていなかったのですが偶然「北加賀屋クリエイティブ・ビレッジ構想」を2009年から提唱している場所との出会いで大阪に住む事にしました。一大決心をした訳でもなく割と自然な流れでそうなったのですが、今引っ越しや手続きなどの膨大なエネルギーを用いる作業に戦いています。その作業をしつつファブラボ北加賀屋という所で活動した内容をブログにアップしています。今、どんな活動をしているか出来るだけ分かりやすい形で(イラストをいれつつ)書こうと思っているので是非、見て下さい!

http://fablabkitakagaya.org/blog_page/

食についての気づき。

お久しぶりです。アントワーヌです。
食べ物の美味しい季節になってきましたね。山形はもう、秋を通り過ぎて冬の様な寒さだと聞きました。私はそんな山形を離れて大阪にいます。

まだ生活が安定していない大阪での生活。今迄興味のなかった衣食住について考えるようになりました。食べ物はスーパーで買ったら冷蔵庫にいれて保存加工された食材を買えば手間もなく料理を作る事が出来る。衣類も洗濯機さえ入れば一気に洗濯する事が出来る。そう言う日常のお陰で空いた時間を制作や勉強に費やす事が出来ていました。でも昔の人たちの暮らしはそう言うモノがない時代だったからこそ男女の役割分担がはっきり出てたのだなっと感じるにりました。それがジェンダーと言う問題にも繋がってしまうのでしょうが。

でも最近釜を使って火でご飯を炊いていると本当にご飯が美味しくて、やっぱ電気でご飯を炊くより火の方がおコゲもつくし良いなと感じています。栗も生のまま買ってくると皮を剥く作業で虫が殆どの栗の中にいます。(これは自然な事だけど甘栗とかお店で買う栗にはいないので忘れていた感覚でした。)特に健康な栗に程虫がいて、不健康な栗には虫はくっついてなかったり、虫には良し悪しを見分ける目利きを持っていると学んだり面白いです。

絵を描きたい焦燥もありつつ、不安定な暮らしだからこそ、今日々の暮らしにも興味が湧いてます。


現ミサワの住人と食生活について

こんにちは。ご無沙汰しています、アントワーヌです。

今年もメンバーが入れ替わり、ミサワに二人の留学生がやってきました。2013年は今年大学院を卒業した建築環境の二人と制作組と学生二人の計9人で構成されています。



ちなみにジョンソンはとてもポジティブでセナちゃんはとても芯が強いといったイメージです。

キッチンの様子も毎年毎年雰囲気が変わるのですが、今年は健康食生活派のセナちゃんの毎朝の野菜やバナナのミックスジュースから始まりジョンソンのマレーシア料理骨肉スープや日本食以外のレパートリーがとても豊富です。私も最近、キッチンに住人が置きっぱなしにしている村上春樹のレシピを見ながら料理したり、住人が作った珍しい料理に影響されたり、キッチンからインスピレーションを受けて日々の食生活を送っています。



実は冷蔵庫にある千葉さんが作った蜂蜜レモンがめっちゃ美味しそうなので今度私も作ってみようと思ってたのでした!

page top

キッチンジャム:コミュニティ|COMMUNITY

キッチンジャムって?|キッチンジャムのご紹介

「Rコモンズ」シェアアパートメントのミサワクラス、花小路トランクに住まう8人の女の子たちのリレーエッセイ。キッチンに共通した「ジャム」をきっかけに、キッチンで話す、食べる、つくる、それぞれのキッチンでまき起こる女の子たちのぺちゃくちゃな会話を素材に、ぐつぐつと新しいジャムを作ります。

キッチンジャムの8人のおんなのこたち|8人の女の子たち

キッチンジャムの女の子たち

  • マルガリタ
  • オイスター
  • フィグ・ド・ツブツブ
  • ブドゥーニャ
  • イヨちゃん
  • アントワーヌ
  • ワンダ
  • トロント